アシナガバチ駆除と巣の撤去方法|専門の会社に任せてもよい

気になる危険性

男性女性

アシナガバチとは、他のハチとは異なり、脚部が長いことが特徴となります。ミツバチやスズメバチとは形態が大きく異なるので、誰でもすぐに判別することができるでしょう。アシナガバチの毒はスズメバチよりも毒性が低いものの、刺されると激痛がもたらされるほか、患部が大きく腫れてしまうので問題となります。ハチ毒の影響で最も懸念しなければならないのが、アナフィラキシーショックです。一度ハチに刺された経験があれば、体内にハチ毒への抗体が作られていることがあります。その状態で再びハチに刺されると、抗体の過剰反応によって昏倒し、最悪命を落とすこともあるので注意しなければなりません。アシナガバチは他のハチと同様に、巣に近づく人へと襲いかかる習性があります。家の周囲や敷地内に巣を作られた場合、正しい対処法に基づいて自力で駆除するか、害虫駆除を行なう会社へ依頼するとよいでしょう。

6月から7月にかけて、アシナガバチは多くの場所に巣を作ります。時に家の軒下や床下などに作られてしまうこともあるので、家に近い場所に巣を作られた場合、すぐに駆除を行なう会社へと依頼するとよいでしょう。近くに巣を作られたからといって、頻繁に出入りをする場所でなければ、巣を放置しても問題はありません。近づきさえしなければ、アシナガバチは自ら人に危害を加えることはないからです。滅多に近づかない庭の隅の物置小屋などであれば、わざわざ駆除を行なわずともよいでしょう。アシナガバチは攻撃をする前に、羽音などで威嚇を行なうことがあります。頻繁に周りを飛び交われることや、警戒音が聞こえる場合は危険なので、巣の駆除を行なうようにしましょう。

Copyright © 2016 アシナガバチ駆除と巣の撤去方法|専門の会社に任せてもよい All Rights Reserved.