アシナガバチ駆除と巣の撤去方法|専門の会社に任せてもよい

取り除く方法

考える女性

自分でアシナガバチの巣を撤去するなら、浸透性の強い殺虫剤を使いましょう。ハチは巣の内部にもたくさんいるので、しっかりと内部まで浸透する薬を使わなければ効果的に駆除ができません。夜間などハチの活動しない時間帯に使用することで、比較的安全に駆除を行なうことができるでしょう。薬剤をたっぷりかければ、中の女王蜂も殺虫できるから問題ないと考える人もいるでしょう。しかし、女王蜂を駆除できたとしても、巣があるかぎり別の個体がすぐに女王蜂の代役を行なうので、巣は確実に撤去しなければなりません。殺虫剤によって周囲のアシナガバチをある程度駆除したあと、巣をくっついている箇所から切り離し、車で速やかに遠く離れた野山まで捨てに行きましょう。家の敷地の近くに捨てると、怒った蜂が巣の周囲の人へ危害を加えるようになります。人がいない場所に巣を廃棄することで、アシナガバチの害から逃れることができるでしょう。

自分で巣を撤去することが難しいならば、害虫駆除を行なう会社に依頼するとよいでしょう。ウェブサイトを使ってのメールや、電話を掛けることですぐに依頼ができます。会社によっては24時間こうした依頼を受付けている会社もあるので、いつでも簡単に依頼することができます。アシナガバチなどの蜂を駆除する会社は、作業終了後も適切なアフターサービスを行ないます。巣を離れたアシナガバチが戻ってくることを踏まえ、巣を撤去した後もハチを殺虫するほか、定期的に敷地を調べることでハチが再び巣を作るかどうかを調べます。巣を撤去されたハチは、群れ同士で一時的に避難し、再び同じ場所に巣を作ることもあります。罠などを仕掛けることで巣が作られることを防ぐので、専門の会社に任せるのも効果的なのです。

Copyright © 2016 アシナガバチ駆除と巣の撤去方法|専門の会社に任せてもよい All Rights Reserved.